FC2ブログ

コンピュータ好き

パソコン、周辺機器、ソフトウェア、電子小物等々の最新情報、特価情報、激安情報をお届け
カテゴリー  [ アンドロイド ]

ASUSの人気スマホZenFoneシリーズの最新モデル「ZenFone 7」「ZenFone 7 Pro」登場!!

ASUSの人気スマホ『ZenFoneシリーズ』に、最新モデル「ZenFone 7」「ZenFone 7 Pro」が登場しました。
 →ZenFone 7/ZenFone 7 Pro - ASUS Store
icon
ZenFone 7/ZenFone 7 Pro

ZenFone 7はプロセッサーにQualcomm Snapdragon 865、ZenFone 7 ProはQualcomm Snapdragon 865 Plusを搭載したハイエンドモデルです。
最大の特徴は3眼のフリップカメラを搭載している点。
6400万画素の広角カメラ、1200万画素の超広角カメラ、800万画素の望遠カメラ(光学3倍~デジタル12倍)で、風景も自撮りも高画質で撮影することができます。
ギミックとしても面白いですね。
もちろん5Gにも対応しています。
主な仕様は以下の通り。

ASUSから最強のゲーミングスマホ「ROG Phone 3」が登場!!

ASUSから、ゲーミングスマホ『ROG Phoneシリーズ』の最新モデル「ROG Phone 3」が登場しました。
 →ROG Phone 3 - ASUS公式オンラインストア
icon
ASUS ROG Phone 3

CPUは『Snapdragon 865 Plus』を搭載し、「ROG Phone Ⅱ」の『Snapdragon 855 Plus』からパワーアップ。
ディスプレイのリフレッシュレートは「ROG Phone Ⅱ」の120Hzから144Hzに向上しています。
また、ASUSのスマホとしては初めて5G通信に対応しています。
ラインナップは、12GBメモリを搭載した「ZS661KS-BK512R12」と16GBメモリを搭載した「ZS661KS-BK512R16」の2モデルです。
主な仕様は以下の通り。

[タグ] ASUS ROG Phone Android
[ 2020/09/26 21:21 ] 携帯電話 アンドロイド | TB(0) | CM(0)

リンクスから物理キーボードを搭載したAndroidスマホ「F(x)tec Pro1」登場!!

リンクスインターナショナルから、スライド式物理キーボードを搭載したAndroidスマホ「F(x)tec Pro1」が登場しました。
 →F(x)tec Pro1紹介ページ - リンクスインターナショナル公式サイト
 →「F(x)tec Pro1」リンクスインターナショナル公式販売ページ - Amazon.co.jp

F(x)tec Pro1


最近では珍しくなってしまった物理キーボード搭載スマホですが、ちょっとしたタイピングやショートカットキー等、使いこなせば結構便利だったりするんですよね。

ファーウェイからコスパに優れた最新スマホ「HUAWEI nova lite 3+」登場!! グーグルサービスにも対応!!

何かと話題のファーウェイから、実売価格2万円台のコストパフォーマンスに優れたアンドロイドスマートフォン「HUAWEI nova lite 3+」が登場しました。
ファーウェイのスマホと言うことで、グーグルサービスが使えるか気になる方もおられると思いますが、バッチリ対応しています。
 →HUAWEI nova lite 3+紹介ページ - HUAWEI公式サイト

HUAWEI nova lite 3+

「HUAWEI nova lite 3+」は、2019年に発売されたHUAWEI nova lite 3のマイナーバージョンアップ製品で、従来モデルの3MB RAM + 32GB ROMに対して、4GB RAM + 128GB ROMにメモリが大幅に増量されている点が特徴です。
但し、インカメラは従来モデルの1600万画素に対して800万画素となっています。
両モデルの仕様比較は以下の通り。

イー・モバイルからLTE&テザリングに対応したハイエンドスマホ「STREAM X」登場!! 月々たったの3,880円!!

イー・モバイルから、LTEに対応したハイパフォーマンススマートホン「STREAM X(EMOBILE GL07S)」が登場しました。
2年契約での月々支払額は、何とたったの3,880円です。
 →速い、安い、つながる!LTEでテザリングならイー・モバイル

STREAM X(EMOBILE GL07S)

STREAM X(EMOBILE GL07S)」はHUAWEI製の端末で、OSにはAndroid4.1を採用しています。
1.5GHzクアッドコアプロセッサ、4.7インチ 1280×720ディスプレイ、1300万画素カメラ等、ハイエンドクラスの仕様で、おサイフケータイにも対応しています。

高速LTE通信対応で、テザリングも可能。
これで、2年契約だと月々の支払額はたったの3,880円です!!
メチャメチャ安いですね。

端末の主な仕様は以下のとおり。

ASUSからタブレットにもなるスマートフォン「PadFone2」登場!!

ASUSから、ドッキングステーションにビルトインすることでタブレットにもなるスマートフォン「PadFone2」が登場しました。
 →PadFone2 - ASUS Shop
PadFone2PadFone2

普段持ち歩く際はスマートフォンとして使用し、大画面で作業したいときには、ドッキングステーションの背面のスロットに装着することで、10.1インチのタブレット端末として使用することもできる、ユニークな製品です。
SIMロックフリーなので、どのキャリアのSIMカードでも利用可能です。

「PadFone2」の主な仕様は以下のとおり。

ソニー・エリクソンからプレステ携帯こと「Xperia PLAY SO-01D」登場!!

ソニー・エリクソンから、弊ブログでも何度か紹介したことがある『プレステ携帯』こと「Xperia PLAY SO-01D」のリリースが発表されました。
2011年10~11月にNTTドコモから発売予定です。

Xperia PLAY SO-01D

G-SHOCKスマートフォン「CASIO G'zOne Commando」米国で発売!!

NECカシオとカシオ計算機は、G-SHOCKスマートフォン「G'zOne Commando」を米国キャリアのVerizon向けに発売しました。
『G'zOne』と言えば、カシオのG-SHOCKケータイに冠されているモデル名ですが、そのスマートフォンバージョンです。
CASIO G'zOne Commando

ソニエリが「Xperia PLAY」「Xperia neo」「Xperia pro」発表!!

Sony Ericsson(ソニー・エリクソン)がXperiaシリーズ3機種を発表しました。
予てからウワサになっていたプレステ携帯こと「Xperia PLAY」、写真撮影や動画撮影に優れた「Xperia neo」、スライドキーボード搭載の「Xperia pro」の個性的な3モデルです。

・Xperia PLAY
Xperia PLAY
言わずと知れたプレステ携帯です。見た目は、あんまり売れなかった『PSP go』みたいな感じですね。
主な仕様は以下のとおりです。
 OS:Android 2.3 Gingerbread
 プロセッサ:1GHz Scorpion ARMv7
 ディスプレイ:4型 マルチタッチ 480×854ドット
 カメラ:510万画素
 寸法:119 x 62 x 16 mm
 重量:175g
仕様詳細は、以下を参照下さい。
 →「Xperia PLAY」製品ページ(英文)
 →「Xperia PLAY」ニュースリリース(英文)

・Xperia neo
Xperia neo
810万画素のカメラを搭載し、『Exmor R』の採用により薄暗い所でも美しい写真や映像が撮影できます。又、HDMI端子を備えており、HDTVで画像や映像を再生可能。映像方面に優れたモデルです。
主な仕様は以下のとおり。
 OS:Android 2.3 Gingerbread
 プロセッサ:1GHz Qualcomm Snapdragon MSM8255
 ディスプレイ:3.7型 マルチタッチ 854×480ドット
 カメラ:810万画素
 寸法:116 x 57 x 13 mm
 重量:126g
仕様詳細は、以下を参照下さい。
 →「Experia neo」製品ページ(英文)
 →「Experia neo」&「Experia pro」ニュースリリース(英文)

・Expria pro
Experia pro
スライドキーボード搭載モデル。正統派スマートフォンと言ったところでしょうかね。
主な仕様は以下のとおり。
 OS:Android 2.3 Gingerbread
 プロセッサ:1GHz Qualcomm Snapdragon MSM8255
 ディスプレイ:3.7型 マルチタッチ 854×480ドット
 カメラ:810万画素
 寸法:120 x 57 x 13.5 mm
 重量:140g
仕様詳細は、以下参照。
 →「Experia pro」製品ページ(英文)
 →「Experia neo」&「Experia pro」ニュースリリース(英文)

Android(アンドロイド)ケータイ12機種の比較動画!!

Android(アンドロイド)搭載のスマートフォンが花盛りですね。

各社から様々な機種が発売されており、選択肢が多いのは良いのですが、いざ購入するとなるとどの機種にするか迷ってしまいますよね。

そこで、IT mediaにAndroidケータイ12機種の動作状況比較動画が掲載されていますので、リンクを貼っておきます。
 →12機種×2の動画を掲載:動画で見るスマートフォン―2010年冬モデル編 - IT media

日頃使うものだけに、操作性やレスポンスが悪いと非常にストレスが溜ってしまうもの。
まずはこの記事をチェックして、動作状況をじっくり確認しておきましょう。

掲載されている機種は、NTTドコモの「GALAXY S」「GALAXY Tab」「LYNX 3D SH-03C」「REGZA Phone T-01C」、auの「IS03」「SIRIUS α IS06」、ソフトバンクの「DELL Streak 001DL」「HTC Desire HD 001HT」「GALAPAGOS 003SH」「Libero 003Z」、イー・モバイルの「HTC Aria」「Pocket WiFi S」です。

Kyocera(京セラ)からデュアルスクリーン搭載のスマートフォン「Echo」今春発売!!

米Kyoceraが米国市場向けに面白い製品を投入してきました。
Kyocera Echo
デュアルスクリーン搭載のAndroidスマートフォン「Echo」です。
キャリアはSprintで本体の販売価格は199.99ドル。(安い!!)

主な仕様は以下のとおりです。
 OS:Android 2.2
 ディスプレイ:3.5型 800×480 マルチタッチスクリーン ×2画面!!
 プロセッサ:Snapdragon(QSD 8650) 1GHz
 内蔵メモリ:1GB(外部メモリとして32GBまでのmicroSDカードをサポート)
 カメラ:500万画素 720pのHD動画撮影に対応

国内にも投入されるんでしょうかね?ちょっと気になる製品です。
 →Kyocera Echo, Exclusively from Sprint, Revolutionizes the Android Experience as the First Dual-Touchscreen Smartphone - Sprint News Release
 →Kyocera Echo - Sprint Official Site

Sony Ericsson(ソニー・エリクソン)の「XPERIA PLAY」 2月13日に正式発表の見込み

こちらのエントリーでちょっと不気味なCM動画を紹介した、Sony Ericsson(ソニー・エリクソン)のXPERIA PLAY」ですが、2月13日の正式発表がfacebookで予告されています。
XPERIA PLAY
どんな発表が飛び出すのか、今から楽しみですね。

60秒バージョンのCM動画は『続き』をご参照下さい。

プレイステーション携帯のCM画像がネットに流出!?

以前から「Zeus」の名で話題になっていたSony Ericsson(ソニー・エリクソン)のプレイステーション携帯ですが、CMと思われる動画がネットに流出しています。製品名は「XPERIA PLAY(エクスペリア・プレイ)」になる模様。


それにしても、意図的に情報をリークしているのでは?と勘繰ってしまいたくなるほど、頻繁に情報が流出してますね。
Android端末向けに「PlayStation Suite」も発表されましたし、「XPERIA PLAY(エクスペリア・プレイ)」の登場もそう遠くないかもしれませんね。

三面ディスプレイのスマートフォンコンセプトモデル「Flip」が面白い!!

「Flip」という名前の、Android携帯のコンセプトモデルだそうです。
Flip phone
良いですね、これ。
色々と面白い使い方ができそうです。
 →Flip phone - KRISTIAN ULRICH LARSEN

GoogleからAndroid2.3 ”Gingerbread”と「Nexus S」登場!!

GoogleからAndroid2.3 "Gingerbread"とNexusシリーズの第2弾「Nexus S」が発表されました。

・Android2.3 "Gingerbread"
Android 2.3 GingerbreadAndroid OSの最新版、Android 2.3 コード名
”Gingerbread”が正式に発表されました。

特長は、
 -パフォーマンスの向上
 -ウェブマネーにも対応したNear Field Communication
  (NFC)サポート
 -ジャイロセンサー対応
 -ユーザーインターフェース改善
 -ゲーム等のエンターテイメント機能改善
等。

・Nexus S
Nexus S
Googleケータイ「Nexus One」の第2弾「Nexus S」が発表されました。
韓国Samsung製で、主な仕様は以下のとおり。
 -4.0型ディスプレイ 480×800ドット
 -Android 2.3 Gingerbread搭載
 -63×123.9×10.88mm 129グラム
 -Near Field Communication(NFC)対応
 -500万画素カメラ搭載
 -連続通話時間:6.7時間(3G)
 -待受時間:17.8日(3G)
 -3軸ジャイロセンサー搭載
 -電子コンパス搭載

Android端末界隈がホント盛り上がってますね。
 →「Nexus S」製品ページ