fc2ブログ

コンピュータ好き

パソコン、周辺機器、ソフトウェア、電子小物等々の最新情報、特価情報、激安情報をお届け
カテゴリー  [ その他 ]

各社からインテル第14世代Coreプロセッサー搭載PCが登場!!

各社から、10月17日に発表されたインテルの最新プロセッサー「Core i9-14900K(F)」「Core i7-14700K(F)」を搭載したデスクトップPCが発表されました。
インテル第14世代Coreプロセッサー

 →インテル Core プロセッサー(第14世代) - パソコン工房
icon
 →インテル Core プロセッサー(第14世代)搭載パソコン(PC) - マウスコンピューター
 →インテルCoreプロセッサー(第14世代)搭載PC - フロンティア
 →インテル Core プロセッサー(第14世代) - ツクモネットショップ

インテル第14世代Coreプロセッサーは、第13世代Coreプロセッサーをマイナーバージョンアップした製品で、Core i9は主に動作周波数の向上が、Core i7は主にEコア数の増加が図られています。
第14世代Coreプロセッサーと第13世代Coreプロセッサーの主な仕様比較は以下の通り。

マウスコンピューター、パソコン工房、ツクモから『インフィニティ ストラッシュ ドラゴンクエスト ダイの大冒険』推奨パソコンが登場!!

マウスコンピューターパソコン工房ツクモから、『インフィニティ ストラッシュ ドラゴンクエスト ダイの大冒険』の推奨環境を満足する推奨ゲーミングパソコンが登場しました。
 →『インフィニティ ストラッシュ ドラゴンクエスト ダイの大冒険』公式サイト
 →『インフィニティ ストラッシュ ドラゴンクエスト ダイの大冒険』 推奨ゲーミングPC - マウスコンピューター
 →『インフィニティ ストラッシュ ドラゴンクエスト ダイの大冒険』推奨パソコン - パソコン工房
icon
 →『インフィニティ ストラッシュ ドラゴンクエスト ダイの大冒険』推奨PC - ツクモネットショップ

インフィニティ ストラッシュ ドラゴンクエスト ダイの大冒険

『インフィニティ ストラッシュ ドラゴンクエスト ダイの大冒険』は、コミックス累計発行部数4700万を超え、2020年には完全新作アニメとなった不朽の名作「ドラゴンクエスト ダイの大冒険」の世界を舞台にしたアクションRPGです。
小さな勇者ダイやその仲間たちを自らの手で操作し、ハドラー率いる魔王軍や、ドラゴンクエストシリーズお馴染みのモンスター達との手に汗握る戦いが楽しめます。
マウスコンピューター、パソコン工房、ツクモの各社から、この『インフィニティ ストラッシュ ドラゴンクエスト ダイの大冒険』の推奨環境を満足する推奨ゲーミングPCが登場しました。
マウスコンピューターからは、Core i5とGeForce RTX 4060を搭載するミドルタワーモデル「G-Tune DG-I5G60(ホワイトカラーモデル)」、Core i7とGeForce RTX 4050を搭載する16型ノート「G-Tune P6-I7G50BK-A」の2モデルが、パソコン工房からは、Core i5とGeForce RTX 3060 Tiを搭載するミニタワー「iiyama LEVEL-M77M-134F-SAX-ISDQ」、Core i7とGeForce RTX 4070を搭載するミドルタワー「iiyama LEVEL-R779-137F-TLX-ISDQ」、Core i7とGeForce RTX 4050を搭載する16型ノート「iiyama LEVEL-16FX154-i7-PLSX-ISDQ」の3モデルが、ツクモからは、Core i5とGeForce RTX 4060を搭載するミドルタワー「GB5J-A231BRGB/DD」、Core i7とGeForce RTX 4060 Tiを搭載する「GB7J-B231BRGB/DD」2モデルが登場しました。
各モデルの主な仕様は以下の通りです。

『G-GEAR』『LEVEL∞』『G-Tune』から「BLUE PROTOCOL」推奨パソコンが登場!!

ツクモの『G-GEAR』シリーズ、ユニットコムの『LEVEL∞』シリーズ、マウスコンピューターの『G-Tune』シリーズに、バンダイナムコのオンラインアクションRPG「BLUE PROTOCOL」推奨パソコンが登場しました。
 →BLUE PROTOCOL 公式サイト
 →『BLUE PROTOCOL』推奨PC - ツクモネットショップ
 →「BLUE PROTOCOL」 推奨パソコン - パソコン工房
icon
 →『BLUE PROTOCOL』推奨ゲーミングPC - マウスコンピューター公式サイト

「BLUE PROTOCOL」推奨パソコン

「BLUE PROTOCOL」はバンダイナムコから登場したオンラインアクションRPGです。
アニメの中に入り込んだような圧倒的なグラフィックで表現される世界で、様々な冒険やアクションを楽しむことができます。
この「BLUE PROTOCOL」の動作を保証する推奨パソコンとして、ツクモからはRyzen 7とRadeon RX 7600を搭載した「G-GEAR GA7A-A231B/BP」が、ユニットコムからはRyzen 7とRadeon RX 7600を搭載した「LEVEL-R7X7-LCR77X-DE1X-BP」、Ryzen 7とRadeon RX 7900 XTXを搭載した「LEVEL-R7X7-LCR78D-ZE1X-BP」が、マウスコンピューターからはCore i7とGeForce RTX 3070を搭載した「G-Tune DG-I7G70」、Core i9とGeForce RTX 4090を搭載した「G-Tune FZ-I9G90」、Ryzen 5とGeForce RTX 3060 Tiを搭載した「G-Tune FZ-A5G6T」が登場しました。
各モデルの主な仕様は以下の通り。

ユニットコム、フロンティア、ツクモから「ライザのアトリエ3 ~終わりの錬金術士と秘密の鍵~」推奨PCが登場!!

BTOパソコンを販売するユニットコムフロンティアツクモ各社から、「ライザのアトリエ3 ~終わりの錬金術士と秘密の鍵~」推奨PCが登場しました。
 →ライザのアトリエ3 〜終わりの錬金術士と秘密の鍵〜 推奨パソコン - パソコン工房
icon
 →「ライザのアトリエ3」推奨PC - フロンティア
 →G-GEAR ライザのアトリエ3 ~終わりの錬金術士と秘密の鍵~ 推奨PC - ツクモネットショップ

ライザのアトリエ3 〜終わりの錬金術士と秘密の鍵〜 推奨パソコン

「ライザのアトリエ3 〜終わりの錬金術士と秘密の鍵〜」は錬金術によるアイテム作成を主題としたアトリエシリーズの最新作で、本作では「鍵」が重要なシステムになっています。
主人公・ライザの住む島の近くに出現した“カーク群島”で、「鍵」と「錬金術の根源」を巡る壮大な冒険が繰り広げられます。
この「ライザのアトリエ3 〜終わりの錬金術士と秘密の鍵〜」の快適動作を保証する推奨パソコンとして、各社よりインテル第13世代CoreプロセッサーとGeForce RTXシリーズを搭載したデスクトップPCが登場しました。
各モデルの主な仕様は以下の通り。

MSIのユニークデザインゲーミングデスクトップPC「Aegis Ti5」にGeForce RTX 4070 Ti搭載モデルが登場!!

独特なデザインが特徴のMSIのゲーミングデスクトップPC「Aegis Ti5」に、第13世代Core i7とGeForce RTX 4070 Tiを搭載したハイパフォーマンスモデル「Aegis Ti5 13NUG-266JP」が登場しました。
 →Aegis Ti5 13NUG-266JP 紹介ページ - MSI公式サイト
Aegis Ti5 10TE-018JP

本体正面で一際目を引く『ゲーミングノブ』は、登録したゲームの起動、動作モードの切り替え、システム情報の表示等を行うことができます。
CPUにCore i7-13700KF、GPUにGeForce RTX 4070 Tiを搭載するハイパフォーマンス仕様で、水冷式CPUクーラーの採用により長時間の安定動作も実現しています。
主な基本仕様は以下の通り。

ツクモ、ユニットコム、フロンティアから「AMD Ryzen 7000X3D」搭載ハイエンドゲーミングPCが登場!!

BTOゲーミングPCのツクモユニットコムフロンティアから、AMDの最新プロセッサー「AMD Ryzen 7000X3D」を搭載したハイエンドゲーミングPCが登場しました。
 →G-GEAR neo GX9A-T231/XB - ツクモネットショップ
 →AMD Ryzen プロセッサー | 価格・性能・比較 - パソコン工房
icon
 →Ryzen7000X3Dシリーズ搭載モデル - フロンティアダイレクト

AMD Ryzen 7000X3D

AMD Ryzen 7000X3Dシリーズは、Zen 4アーキテクチャーを採用したAMD Ryzen 7000シリーズの最新モデルで、3D V-Cacheテクノロジーを採用し、L3キャッシュを通常版から倍増することで、優れたマルチスレッド処理性能やゲーミング性能を備えています。
TDPも通常版の170Wから120Wに大きく引き下げられており、発熱を抑えて省電力を実現しつつハイパフォーマンスを発揮します。
ツクモから登場した「G-GEAR neo GX9A-T231/XB」は、標準構成でRyzen 9 7950X3DとGeForce RTX 4090を搭載するハイエンドモデルですが、構成のカスタマイズによりRyzen 9 7900X3Dや安価なGPUを選択することも可能です。
ユニットコムとフロンティアには、Ryzen 9 7900X3D搭載モデルやRyzen 9 7950X3D搭載モデルが複数機種ラインナップしています。
各社から登場した基本モデルの仕様は以下の通り。

ユニットコムとフロンティアから「Wo Long: Fallen Dynasty 推奨パソコン AMD モデル」が登場!!

BTOゲーミングPCでお馴染みのユニットコムフロンティアから、「Wo Long: Fallen Dynasty 推奨パソコン AMD モデル」が登場しました。
 →Wo Long: Fallen Dynasty 推奨パソコン | AMD 搭載モデル - パソコン工房
icon
 →Wo Long: Fallen Dynasty 推奨PC - フロンティアダイレクト

Wo Long: Fallen Dynasty AMDモデル

「Wo Long: Fallen Dynasty」は、中国武術をベースとしたアクションRPGで、後漢末期の「三国志」を舞台に、名もなき義勇兵が、不思議な力を持つ薬「丹薬」をめぐる巨大な陰謀に立ち向かうオリジナルストーリーが展開します。
ユニットコムからは、Ryzen 5&GeForce RTX 3060搭載モデル、Ryzen 7&Radeon RX 6650 XT搭載モデル、Ryzen 7&GeForce RTX 3060 Ti搭載モデルの3モデルが、フロンティアからはRyzen 7&Radeon RX 6700 XT搭載モデルが登場しました。
各モデルの主な仕様は以下のとおり。

ツクモ、ユニットコム、フロンティアから「龍が如く 維新! 極」推奨パソコンAMDモデルが登場!!

BTOパソコンでお馴染みのツクモユニットコムフロンティアから、「龍が如く 維新! 極」推奨パソコンAMDモデルが登場しました。
 →『龍が如く 維新! 極』推奨PC AMDモデル - ツクモネットショップ
 →『龍が如く 維新! 極』 推奨パソコン | AMD 搭載モデル - パソコン工房
icon
 →「龍が如く 維新! 極」推奨PC - フロンティアダイレクト

龍が如く 維新! 極 推奨パソコンAMDモデル

「龍が如く 維新! 極」は、幕末の日本を舞台に、坂本龍馬や新撰組が繰り広げるドラマを体験できるアクションアドベンチャーゲームで、2014年にリリースされた「龍が如く 維新!」を大幅に進化させたリメイク作品です。
何れの推奨PCもCPUにはRyzen 5000シリーズを採用しており、ツクモ G-GEARにはRyzen 5 & Radeon RX 6600 XT搭載モデルとRyzen 7 & Radeon RX 6700 XT搭載モデルが、ユニットコムのパソコン工房LEVEL∞シリーズにはRyzen 5 & GeForce RTX 3060搭載モデル、Ryzen 7 & Radeon RX 6650 XT搭載モデル及びRyzen 7 & GeForce RTX 3060 Ti搭載モデルが、フロンティアにはRyzen 7 & Radeon RX 6700 XT搭載モデルがラインナップしています。
各モデルの主な仕様は以下の通り。

ツクモ、ユニットコム、フロンティアから「モンスターハンターライズ:サンブレイク推奨PC」が登場!!

ツクモユニットコムフロンティアから、モンスターハンターライズの超大型拡張コンテンツ『モンスターハンターライズ:サンブレイク』の推奨PCが登場しました。

モンスターハンターライズ:サンブレイク推奨PC

何れのモデルもAMD RyzenプロセッサーとAMD Radeonグラフィックスを搭載したデスクトップPCで、購入特典として先着で限定特製Tシャツが貰えます。

各社のラインナップをご紹介します。

各社から「モンスターハンターライズ推奨PC」が登場!!

いよいよカプコンから人気ハンティングアクションゲームモンスターハンターライズ」のSteam版が登場しましたが、これを受けて各社から「モンスターハンターライズ」の快適動作を保証する「モンスターハンターライズ推奨PC」が登場しました。
以下にまとめてご紹介します。

マウスコンピューター - モンスターハンターライズ推奨PC

マウスコンピューターからは、Ryzen 5とRadeo RX 6600 XTを搭載したスタンダードミドルタワーモデル「G-Tune HM-A-6600XT-L」が登場しました。
主な仕様は以下の通り。

パソコンショップアークから『Radeon RX 6600 XT』搭載ゲーミングデスクトップPCが2モデル登場!!

パソコンショップアークから、AMDの最新GPU『Radeon RX 6600 XT』を搭載したゲーミングデスクトップPCが2モデル登場しました。
 →arkhive Gaming Custom GC-A5R66M AG-AR6B55MRN6-TS1 - パソコンショップアーク
 →arkhive Gaming Custom GC-A5R66M AG-AR6B45MRN6-TS1 - パソコンショップアーク


arkhive Gaming Custom GC-A5R66M AG-AR6B55MRN6-TS1」はAMD B550チップセットを装備した「ASRock B550M Pro4」マザーボードとAMD Ryzen 5000シリーズプロセッサーを搭載したモデルで、「arkhive Gaming Custom GC-A5R66M AG-AR6B45MRN6-TS1」はAMD B450チップセットとAMD Ryzen 3000シリーズプロセッサーを搭載した、コストパフォーマンスに優れたモデルです。
どちらのモデルも、PCケースにはThermaltake製「S100 Tempered Glass」を採用しています。
各モデルの主な仕様は以下の通り。

パソコンショップアークからGeForce RTX 3070Tiを搭載したゲーミングデスクトップPC登場!!

BTOパソコンを販売するパソコンショップアークから、NVIDIAの最新GPU「GeForce RTX 3070Ti」を搭載したゲーミングデスクトップPC「arkhive Gaming Custom GC-A7G37R AG-AR8X57AGA7I-FM」が登場しました。
 →arkhive Gaming Custom GC-A7G37R AG-AR8X57AGA7I-FM - パソコンショップアーク

「GeForce RTX 3070 Ti」は、GeForce RTX 3070のメモリ規格をGDDR6からGDDR6Xに変更すること等により、性能アップを図ったGPUです。
また、ベースモデルはAMD Ryzen 7 5800Xプロセッサーを採用していますが、カスタマイズによりRyzen 9も選択可能です。
その他、基本モデルの主な仕様は以下の通り。

パソコンショップアークからコンパクト&ハイパフォーマンスなゲーミングデスクトップPC「AG-INUC-9i9X-ST」登場!!

パソコンショップアークから、容量5.15Lのコンパクトなボディに高性能パーツを詰め込んだゲーミングデスクトップPC「AG-INUC-9i9X-ST」が登場しました。
 →arkhive Gaming Alternate AG-INUC-9i9X-ST - パソコンショップアーク


非常にコンパクトなPCケースに、Intel Core i9-9980HKプロセッサー、NVIDIA GeForce RTX 3060 Ti、64GBメモリ、2TB SSD等を搭載したハイパフォーマンスモデルです。
主な仕様は以下の通り。

アークから第11世代Core搭載デスクトップPCが6モデル登場!!

パソコンSHOPアークから、インテル第11世代Coreプロセッサーを搭載したデスクトップPCが6モデル登場しました。
 →arkhive Gaming Alliance Powered by ASRock SPIRITS GN-I7G36Z AG-IC8H57IGA6-SG
 →arkhive Gaming Custom GC-I7G37R AG-IC8Z59AGA7-CM
 →arkhive Gaming Alliance Powered by ASRock SPIRITS GN-I7G37R AG-IC8Z59AGA7-FM
 →arkhive Gaming Alliance Powered by ASRock SPIRITS GN-I7G38Z AG-IC8Z59IGA8-SG
 →arkhive Gaming Custom GC-I7G38R AG-IC8Z59AGA8-CM
 →arkhive Gaming Custom GC-I9G39R AG-IC8Z59AGA9-CM

インテルのデスクトップ向第11世代CoreプロセッサーにGeForce RTX 30シリーズを組み合わせた最新アーキテクチャーのゲーミングデスクトップPCで、キューブ型からミドルタワー型まで多彩なモデルがラインナップしています。
各モデルの主な仕様は以下の通り。

サイコムからRTX3070を搭載したデュアル水冷BTOパソコン「G-Master Hydro Z490-Mini」「G-Master Hydro Z490-ITX」登場!!

サイコムから、デュアル水冷システムを搭載したBTOパソコン「G-Master Hydro Z490-Mini」「G-Master Hydro Z490-ITX」が登場しました。
GPUには大人気のGeForce RTX 3070を採用しています。
 →G-Master Hydro Z490-Mini - @Sycom
 →G-Master Hydro Z490-ITX - @Sycom

「G-Master Hydro Z490-Mini」はMicro ATX規格、「G-Master Hydro Z490-ITX」はMini-ITX規格のパーツを採用しており、非常にコンパクトな筐体を実現しています。
GPUは水冷式GeForce RTX 3070の一択ですが、その他の仕様にはかなり幅広い選択肢が用意されています。
主なカスタマイズメニューは以下の通り。